アジア原産のサプリメントを紹介

アジア原産のサプリメントを紹介

アジアはインドの伝統医学アーユルヴェーダや中国医学など古くから健康法とともにさまざまな植物が健康促進のために使われてきた経緯があります。
そのためこの地域原産の植物を利用したサプリメントが数多くあり、古くから地域住民に愛されてきた長い伝統と臨床を元に開発されています。

その代表がウコンです。
インドなどで産出されるウコンはショウガ科の多年草で、根の部分を食用にします。
カレーなどに色をつけるためのスパイスとして使われることでも知られていますが、内蔵を丈夫にする漢方として古くからら愛用されてきました。
このウコンはクルクミンという成分が肝臓の解毒作用をサポートして、体調を整えたり、二日酔いを改善する効果があるとして人気のあるサプリメントです。

また、ダイエットに欠かせないサプリメントがガルシニアは南アジア原産のオトギリソウ科の果実です。
糖質をカットする効果があるとして、いま話題の炭水化物ダイエットの心強いサポートをしてくれるサプリなのです。
ジャングルに生えているこの実は古くから地元住民に利用されてきた実績があり、安全で効果的なダイエットができる果実のサプリメントとして多く利用されています。

また、ハトムギの種はも漢方薬としてアジアで古くから使われているハーブですが、消炎鎮痛剤としての薬効がある上に、タンパク質やカルシウム、マグネシウム、鉄、カリウムなどのミネラルが豊富なことからサプリとして高い人気があります。